Amazonへ


中古あり ¥1,063より

(2020/04/03 15:22:44時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

上野先生、フェミニズムについてゼロから教えてください!

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ウエノ センセイ フェミニズム ニ ツイテ ゼロ カラ オシエテ クダサイ
出版社: 大和書房
単行本(ソフトカバー): 192 ページ / 21.0 x 14.8 x 2.5 cm
ISBN-10: 4479393323  ISBN-13: 9784479393320  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 367.21

紹介

日本の何が問題なのか? 母娘問題、結婚・育児、セックス、団塊世代の父、学生運動、性暴力などについて徹底的に語り合った7時間!
日本の何が問題なのか?

母娘問題、セクハラ、結婚・恋愛・子育て、団塊世代と大学闘争、性暴力などについて徹底的に語り合った7時間!

・日本の女が大変なワケ

・世代でくくると見えてくるもの

・結婚、恋愛、ナメんなよ!

・子どもを産むのは親のエゴイズム

・オヤジは再生産される!?

・性暴力は女性ではなく男性の問題

・私たちは山ほど洗脳されている!



<著者について>

上野千鶴子(うえの・ちづこ)

1948年富山県生まれ。社会学者。東京大学名誉教授。認定NPO法人ウィメンズアクショネットワーク(WAN)理事長。

専門学校、短大、大学、大学院、社会人教育などの高等教育機関で、40年間、教育と研究に従事。

著書に『家父長制と資本制』(岩波現代文庫)、『おひとりさまの老後』(文春文庫)、『女ぎらい』(朝日文庫)、『ケアの社会学』(太田出版)など多数。



田房永子(たぶさ・えいこ)

1978年東京都生まれ。漫画家、ライター。母からの過干渉に悩み、その確執と葛藤を描いたコミックエッセイ

『母がしんどい』(KADOKAWA/中経出版)がベストセラーに。主な著書に『ママだって、人間』(河出書房新社)、

『キレる私をやめたい?夫をグーで殴る妻をやめるまで?』(竹書房)、『「男の子の育て方」を真剣に考えてたら夫とのセックスが週3回になりました』(大和書房)など。
powered by openBD
ほかのサービスで見る