Amazonへ


中古あり ¥1,650より

(2020/04/03 17:30:23時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

房思琪(ファン・スーチー)の初恋の楽園

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: ファン スーチー ノ ハツコイ ノ ラクエン
出版社: 白水社
単行本(ソフトカバー): 272 ページ
ISBN-10: 4560097003  ISBN-13: 9784560097007  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 923.7

紹介

高級マンションに住む13歳の文学好きな美少女が、憧れの国語教師から性的虐待を受ける関係に陥り…。台湾社会の闇を抉る衝撃作
台湾社会を震撼させた、実話にもとづく傑作

 著者は1991年生まれの女性作家。デビュー作である本書に「実話を基にした小説である」と記したことから、著者の実体験なのではと大騒ぎとなった。刊行2か月後に著者が自殺。台湾社会を激震させた。
 文学好きな房思琪と劉怡婷は高雄の高級マンションに暮らす幼なじみ。美しい房思琪は、13歳のとき、下の階に住む憧れの50代の国語教師に作文を見てあげると誘われ、部屋に行くと強姦される。そして異常な愛を強いられる関係が続くことになってしまう。房思琪の心身はしだいに壊れていく。劉怡婷は、房思琪が記した日記を見つけ、5年に及ぶ愛と苦しみの日々の全貌を知る……。
 一方、同じマンションの最上階の裕福な家庭に嫁いだ20代の女性・伊紋の物語も同時に描かれる。伊紋は少女2人によく本を読んであげていた。だが実は夫からのDVに悩み、少女らに文学を語ることが救いとなっていたのだ。
 人も羨む高級マンションの住民たちの実情を少女の純粋で繊細な感性によって捉えることで、社会全体の構造的な問題が浮かび上がってくる。過度な学歴社会、格差社会、権力主義の背後にある大人の偽善、隠蔽体質……。なぜ少女の心の声を大人が気づけなかったのか。文学の力とは何か。多くの問いを投げかける。
powered by openBD
ほかのサービスで見る