Amazonへ


中古あり ¥973より

(2020/04/03 16:41:54時点)

近くの図書館から探してみよう
カーリルは全国の図書館から本を検索できるサービスです

舌を抜かれる女たち

この本を読みたい

現在位置から探す
詳しい情報
読み: シタ オ ヌカレル オンナ タチ
出版社: 晶文社
単行本: 132 ページ
ISBN-10: 4794971648  ISBN-13: 9784794971647  [この本のウィジェットを作る]
NDC(9) : 367.2

紹介

英ガーディアン紙が選ぶ<21世紀の100冊>に! 西洋古典の知見から、女性の声を奪い続ける伝統の輪郭をあぶり出す。
【英ガーディアン紙が選ぶ<21世紀の100冊>に!】
「このコンパクトなマニフェストは、たちまちフェミニズムの古典となった」

メドゥーサ、ピロメラ、ヒラリー・クリントン、テリーザ・メイ……。
歴史上長らく、女性たちは公の場で語ることを封じられ、発言力のある女性は忌み嫌われてきた。
古代ギリシア・ローマ以来の文芸・美術をひも解くと、
見えてくるのは現代社会と地続きにあるミソジニーのルーツ。
軽やかなウィットをたずさえて、西洋古典と現代を縦横無尽に行き来しながら、
女性の声を奪い続けている伝統の輪郭をあぶり出す。
#MeToo運動を受けて追記された二つめの著者あとがきも収録


英ガーディアン紙が選ぶ<21世紀の100冊>のひとつに!
英サンデー・タイムズのベストセラー第1位!
NYタイムズのベストセラーにランクイン!

「権力とは何か、何のためのものか、その大小をどうやって測るべきか、
そういうところから考えていかなければならない。
別の言い方をすれば、女性が権力構造に完全には入り込めないのなら、
女性ではなく、権力のほうを定義し直すべきなのです。」(本文より)

【目次より】
はじめに
第一部 女が発言すること
第二部 女がパワーを持つということ
あとがき 講演を本にすること―そして、失敗する権利について
本から#MeTooへ―そして、レイプに関する考察
参考文献および読書案内

目次

【目次より】

はじめに
第一部 女が発言すること
第二部 女がパワーを持つということ
あとがき 講演を本にすること―そして、失敗する権利について
本から#MeTooへ―そして、レイプに関する考察
参考文献および読書案内
powered by openBD
ほかのサービスで見る