STAY AT HOME, KEEP READING! COVID-19 : これまでとこれから詳しく
STAY AT HOME, KEEP READING!

みんなの書評

さんの書評2020/09/17

抽象的な話も多く個人事業への導入は無理

# 書評☆2: 確率思考の戦略論 | 抽象的な話も多く個人事業への導入は無理 ## 概要 - 書名: 確率思考の戦略論 - 副題: USJでも実証された数学マーケティングの力 - 著者: 森岡 毅 and 今西 聖貴 - ISBN: 9784041041420 - 出版: 2016-05-31 - 読了: 2020-09-16 Wed - 評価: ☆2 - URL: book.senooken.jp/post/2020/09/17/ ## 評価 個人事業で新しいビジネスを考えており,その際の勉強としてマーケティングについて調べていた。Amazonのマーケティングのカテゴリーで上位にあり,引用・言及の多かったので興味を持って読んだ。 USJの売り上げに大きく貢献した立役者である著者による,ビジネスマーケティングの方法論について書かれていた。 市場を支配するのは,消費者のプレファレンスということで,これに的をあてたマーケティング戦略について書かれていた。書名にある通り,確率に基づいてやっているとのことで,ところどころに確率のグラフや数式がでてくる。 最初の3章くらいまでは理解できる話だったのだが,後半から自身のUSJやP&Gでの事例や経験などの話が織り交ぜられながら,抽象的なよくわからない話が展開され,あまり理解できなかった。 数字に熱を込めるだとか,予想は大きく外さないとか,抽象的な話があったり,書籍の内容に直接関係ないようなUSJでの奮闘録のようなものも間に入っていたのが,余計にわかりにくかった。 本書の後半ではグラフのMを大きくすることを強調していたが,結局これも具体的にどうやればいいのかわからず,少なくとも自分には取り入れることはできないと思った。 既に大中企業でマーケティングを担当していて,ある程度知識があるならば取り入れられるのかもしれないが,マーケティング未経験の個人事業主が取り入れられるようなものではなかった。 ## 引用 > ### p. 022: 3 市場構造とは何か? > 冒頭で述べた市場構造を形作っている「本質」を、市場構造に見える様々な現象の奥底から探してみましょう。それら市場構造を決定づけているDNA、あるいは震源とも言うべき「本質」は一体何でしょうか?いきなり核心の答えを申し上げますが、それは消費者のPreference (プレファレンス) です。プレファレンスとは、消費者のブランドに対する相対的な好意度 (簡単に言えば「好み」) のことで、主にブランド・エクイティー、価格、製品パフォーマンスの3つによって決定されています。 本書の核となるプレファレンスについて説明されていた。 > ### p. 034: 6 経営資源を集中すべきは、プレファレンスである > これらを結論づけると、「市場競争とは、1人1人の購入意思決定の奪い合いであり、その核心はプレファレンスである」という真理に辿りつきます。 > ___ > 市場の大きさは以下の式で計算できます。 > > 市場の売り上げ=延べ購入回数×1購入あたりの平均購入個数×平均単価 > > ここで競合と奪い合っているのは、延べ購入回数におけるシェアです。1購入あたりの購入個数や平均単価において、直接的な奪い合いが起こっている訳ではありません。すなわち、我々は購入意思決定の争奪戦を行っているのです。購入意思決定は、そのカテゴリーにおける消費者が持つ相対的なプレファレンスによって決まっています。我々が奪い合っているのは消費者のプレファレンスそのものなのです。 直前で説明されたプレファレンスが重要な理由がここで説明されていた。 > ### p.039: 2 戦略の焦点は3つしかない > 第1章で確認したように、ビジネスの売上は、自社ブランドに対する消費者のプレファレンスによって最大ポテンシャルが定まるのです。その最大ポテンシャルが「認知」と「配荷」によって制限されて、現実のビジネスの結果が決まります。ということは、市場規模が一定と仮定すると、売り上げを伸ばすためには、1) 自社ブランドへのプレファレンスを高める、2) 認知を高める、3) 配荷を高める、の3つしかないということです。 > ___ > 私の経験上、問題のあるビジネスのたいていはプレファレンス以前に、「認知」と「配荷」にわかりやすい大きな問題があります。 > ___ > 認知を伸ばすこと、そして配荷率を伸ばすことは、一番わかりやすくて確実性の高い勝てる戦なのです。 プレファレンス以前の成果の出やすい部分として認知と配荷の重要性について説明されていた。 ## 結論 個人事業のマーケティングの参考になればと思って読んだのだが,結果として全く参考にならなかった。 著者の背景が大中企業の幹部でいろいろ実務で関わってわかっているからこそできる方法だろうと感じた。 背景の似た大中企業のマーケティング担当者なら評価が高くなるのかもしれないが,マーケティング未経験の個人事業主が取り入れるのは無理だと思った。 後半などもいちいち細かいことを長ったらしく書いており,何がいいたいのか具体的にどうすればいいのか全くわからなかったのでパラパラめくって読み飛ばした。 凡人が読んでも時間の無駄な本だと思った。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

さんの書評2020/09/16

セールスコピーはこの1冊で十分と思える内容

# 書評☆4: 10倍売れるWebコピーライティング | セールスコピーはこの1冊で十分と思える内容 ## 概要 - 書名: 10倍売れるWebコピーライティング - 副題: コンバージョン率平均4.92%を稼ぐランディングページのつくり方 - 著者: バズ部 - ISBN: 9784774164410 - 出版: 2014-05-25 - 読了: 2020-09-14 Tue - 評価: ☆4 - URL: book.senooken.jp/post/2020/09/16/ ## 評価 アフィリエイトなど個人ビジネスについて調査していて,Amazonでの評判が良かったので読んだ1冊だ。 セールスコピーライティングについて解説された本となっている。Web上ではランディングページに書かれる文章やメルマガで見かける文章だ。 書籍は150ページ程度で構成は以下の3部構成となっていた。 1. 基礎 2. 材料用意 3. 実践 セールスコピーライティングは独特でどれも似たような構成になっているのだが,これは科学的で法則に基づいて構成されているらしい。 本書ではセールスコピーライティングの構成から,これを書くための手順を1個ずつ説明している。セールスコピーライティングは型があり,この型に当てはめるための材料を用意してそれに当てはめるという単純な定型作業で構成されているようだ。 本書ではワークシートを元に材料を集めて,最後にそれを実践するところまで説明されている。 今まで営業の経験は一切なかったのだが,この本の通りにやれば自分にもできそうだと思えるものだった。 ## 引用 > ### p. 18: 1-1 コピーライティングに必要不可欠な4つの要素 > どのような商品/サービスを扱っているとしても、どの媒体を使うとしても、セールスレターは、常に4つのパーツによって成り立っています。その必要不可欠な4つのパーツとは、「キャッチコピー」「ボディコピー」「クロージングコピー」「追伸」です。 コピーライティングの基本構造が説明されていた。 > ### p. 26: 効くキャッチコピーに共通するたった2つのルールとは? > そして、結局のところ、人がお金を払ってまでもモノを買う理由は、以下の2つだけです。 > > 1. 快楽を得るため > 2. 苦痛を避けるため ボディコピーへ導くためのキャッチコピーの本質が書かれていた。 > ### p. 32-33: 売れるセールストークに隠された4つの要素とは? > 結局のところ、お客様が商品の購入前に感じる疑問はたったの4つだけです。その4つの疑問に対して、4つのセールストークを組み立てると、お客様は、その商品を「欲しい!」と思ってくれます。 > ___ > 1. これは私に何をしてくれるの?→商品によって得られる結果 > 2. なぜ、これが私の役に立つの?→その結果が出る理由を実証 > 3. ところで、あなたは誰?→商品を信頼できる理由 > 4. これは私にも効果があるの?→効果があるという安心 ボディコピーにおいて説明すべき4の内容が説明されていた。 > ### p. 37: ボディコピーに必要なのは「結果」「実証」「信頼」「安心」 > 実は、この「結果」「実証」「信頼」「安心」の4つの要素は、株式会社ディーズの代表、阪尾圭司氏が『お客のすごい集め方』(ダイヤモンド社) という書籍の中で書かれていることです。 ボディコピーで必要な4要素について参考書籍が紹介されていた。 > ### p. 43: 魅力的なオファーを構成する4つの要素 > 魅力的なオファーを科学的に分析すると、それらは、以下の4つの要素をすべて兼ね備えていることがわかります。 > > 1. 簡便性 (早い・簡単) > 2. 希少性 (個数・期限etc.) > 3. 特典 (プレミアム性) > 4. 保証 ボディコピーに続くクロージングで必要な4要素が説明されていた。 > ### p.48-51: 10の材料の組み合わせで売れるセールスレターが完成する > あなたがコピーを書くまえに、集めるべき材料は全部で10個あります。具体的には、次の材料です。 キャッチコピーのひな型,ボディコピーの4要素 (結果,実証,信頼,安心),クロージングコピーの4要素 (簡便性,希少性,特典,保証),追伸。この合計10の材料を集めてそれを組み立てるのがセールスコピーライティングであり,地味な単純作業であり,誰にでもできることだと書かれていた。 ## 結論 商品の販売において重要な役割を果たすセールスコピーライティングについて書かれた本だった。 ページ数は150ページと薄いのだが,簡潔にわかりやすく要点がまとめられており,よかった。 この分野の本はまだあまり読んでおらず,客観的な評価は難しいのだが,実際にセールスコピーライティングを書くに当たっては,この1冊さえあれば十分ではないかと思える内容だった。 購入して手元においておきたいと思った。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

さんの書評2020/09/12

大中企業向けビジネスプラン術は個人には難しい

# 書評☆3: ビジネスプラン・シナリオ作成術 | 大中企業向けビジネスプラン術は個人には難しい ## 概要 - 書名: ビジネスプラン・シナリオ作成術 - 副題: 事業企画・商品企画が成功する10ステップ - 著者: HRインスティテュート - ISBN: 9784761271220 - 出版: 2015-11-09 - 読了: 2020-09-11 Fri - 評価: ☆3 - URL: book.senooken.jp/post/2020/09/12/ ## 評価 個人事業主となり,自分一人で起業する方法をいざ考えてみたところ,ビジネスプランの練り方がわからず,途方に暮れていた。ビジネスプランの作成方法の勉強のために読んだ。 書名通り,ビジネスプラン・シナリオの作成術が説明されている。 10のステップに分けて説明されている。成功事例だけでなく,失敗事例も掲載されているのが特徴だろう。 図解でわかりやすくまとめられているが,一つ一つの調査・分析自体が難しい。 大中企業の企画部門などで既に経験がある人向けになっているように感じた。 ゼロからこれから始める人にとっては,一つ一つの手順が煩雑でハードルが高く感じた。 ## 結論 ビジネスプランが10のステップに分けて整理されていた。 書籍自体はわかりやすくまとめられており,事例も多く説得力はありそうだった。 しかし,これは既に大中企業で経験やノウハウがある人向けの内容となっている。 経験のない個人事業主が一から取り組むには内容が難しかった。 何もわからない人が,その通りにやればできるようなものが欲しかった。 そういう意味で,本は悪くなかったが自分には合わなかった。後半は軽く読み流して終わった。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

さんの書評2020/09/09

与沢翼が2回の経営破綻で学んだこととは?

# 書評☆3: はだかの王様 億万長者がすべて失ってわかった絶対にやってはいけない42のこと | 与沢翼が2回の経営破綻で学んだこととは? ## 概要 - 書名: はだかの王様 億万長者がすべて失ってわかった絶対にやってはいけない42のこと - 副題: 億万長者がすべて失ってわかった絶対にやってはいけない42のこと - 著者: 与沢 翼 - ISBN: 9784046539694 - 出版: 2014-10-25 - 読了: 2020-09-07 Mon - 評価: ☆3 - URL: book.senooken.jp/post/2020/09/09/ ## 評価 与沢翼の調査中に読んだ1冊だ。 2014年4月に納税滞納により,2回目の経営破綻後,次の準備中に書かれた本となっている。 2回の経営破綻で感じた禁忌を一般化して42の原則にまとめられている。 一般化された成功法則がまとめられた「[秒速で10億円稼ぐありえない成功のカラクリ](https://book.senooken.jp/post/2020/09/01/)」の対になっている内容に感じた。 一般的なこともけっこう多いのだが,与沢翼ならではの原則が書かれており,興味深かった。 ## 引用 > ### p. 80: Business 15 アイデアをすぐに実行に移してはいけない > 『孫子』の兵法は、武将としてあるべき姿、国王としてのあるべき姿について書かれた中国の古典ですが、現代のマーケティングに応用できる記述が数多くあります。 > > その中で私がよく用いていたのは、 > > 「遠くにいるときは近くに見せて、近くにいるときは遠くにいるように見せる」 > > 「力が弱いときは強く見せて、力が強いときは弱く見せる」 > > という考え方です。 > > 強いと思われれば攻め込まれない。その隙に意表をつく。あるいは、弱いと思われれば手を抜いてかかってくる。そこをネズミ捕りのように狡猾に罠に嵌める。これらは相手の裏の裏をかき、虚を突くという発想です。 与沢翼が参考にしている「孫子」からよく用いていた記述が紹介されていた。孫子や三国志は読んだことがないので読んでみようと思った。 > ### p. 140: Mind 29 好奇心旺盛ではいけない > 1万時間続ければプロになれる > > 中には「何をやったらいいかさえもわからない」という人もいます。 > > そういう人は、好きなことや関心のあることから始めてはどうでしょうか。 > > アメリカのジャーナリストであるマルコム・グラッドウェル氏は、『天才!成功する人々の法則』 (講談社) という本の中で、次のようなことを述べています。 > > 「人が何かに習熟して一流になるには、累積1万時間かかる」 > > その道のプロになるには、1万時間の努力を続ければいいというわけです。 有名な1万時間の法則について最初に解説された本が紹介されていた。こちらの本も是非読んでみたいと思った。 > ### p. 184-187: Mind 40 日常的にトラブルを抱えてはいけない > 幸せの条件は、仕事と家族の両方がうまくいくこと > > 幸せを手に入れるための条件がもうひとつ。 > > 本当の幸せを感じるためには、仕事と家族の両方がうまくいく必要があります。 > > 『クィーン・オブ・ベルサイユ 大符号の華麗なる転落』という映画は、不動産関連業で大成功を収めた夫婦が、リーマン・ショックによって頂点から転落していく過程を記録したドキュメンタリー。 > ___ > 仕事も家族もうまくいく。簡単ではありませんが、それを実現して始めて、凪いだ海のように平穏な心を手に入れられるのです。 映画の紹介は珍しかった。 ## 結論 与沢翼の失敗の原則が整理されていた。 他の本に比べると控えめな感じで,具体的な話も少なくインパクトにやや欠ける本だった。 読み物としてさっと読むような本だと感じた。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

さんの書評2020/09/06

与沢翼を知る上でうってつけの1冊

# 書評☆4: マンガ 死ぬこと以外はリスクじゃない!!!与沢翼物語 | 与沢翼を知る上でうってつけの1冊 ## 概要 - 書名: マンガ 死ぬこと以外はリスクじゃない!!!与沢翼物語 - 副題: 平成の肉食主義 - 著者: 与沢 翼 - ISBN: 9784800620200 - 出版: 2013-09-09 - 読了: 2020-09-05 Sat - 評価: ☆4 - URL: book.senooken.jp/post/2020/09/06/ ## 評価 与沢翼の調査中に読んだ1冊だ。 本書は与沢翼の半生記をマンガとして書かれたものとなっている。 内容としては,彼の第1冊目の著書の「[スーパー フリーエージェント スタイル](https://book.senooken.jp/post/2020/07/28/)」や「[告白](https://book.senooken.jp/post/2020/08/22/)」で描かれた彼の半生を漫画化したものとなっている。 アパレル企業エスラグジュールの倒産からネットビジネスで成功するところまでが書かれている。 丁度,起業以前と起業以後とでページ数が半分ずつになるようになっている。 内容がより細かくなる起業以後のところがかなり端折られていたのが若干気になった。どちらかというと,彼の幼少期から起業以前の内容が詳しくてメインのように感じてしまった。 200ページ程度と文量もそこまで多くなく,漫画で文章がそこまで多くなかったので,40分程度で一気に読み終わった。 既に元になった「スーパーフリーエージェントスタイル」を読んでいたこともあり,内容自体は知っているものだった。 漫画で書かれたことで,情景がよりイメージしやすかった。 ## 結論 与沢翼の半生が漫画として書かれた本だった。 目新しいところは特になかったが,彼の物語自体が波乱万丈で,一般人からするとそれだけで面白かった。 「スーパーフリーエージェントスタイル」のほうが内容は詳しいのだが,こちらはこちらで気軽に一気に読めてよかった。 与沢翼という人物を知る上で,最初の1冊としてうってつけの本だった。 まずこの本で彼の半生をざっと把握した上で,「スーパーフリーエージェントスタイル」や「告白」などの他の本を読むとイメージがしやすいだろうと感じた。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

さんの書評2020/09/04

与沢翼2度目の破産危機の直後の本で税務調査の詳細が明らかに

# 書評☆2: 税金官僚に痛めつけられた有名人たち | 与沢翼2度目の破産危機の直後の本で税務調査の詳細が明らかに ## 概要 - 書名: 税金官僚に痛めつけられた有名人たち - 副題: - 著者: 副島 隆彦 - ISBN: 9784334977702 - 出版: 2014-08-05 - 読了: 2020-09-04 Fri - 評価: ☆2 - URL: book.senooken.jp/post/2020/09/05/ ## 評価 与沢翼の調査中に読んだ一冊だ。 書名通り,評論家の著者による,税金官僚に痛めつけられた有名人7名との対談内容がまとめられている。 対談の日付は書かれていなかったが,時系列として,「[告白 秒速で転落した真実](https://book.senooken.jp/post/2020/08/22/)」の次に出版された本だと思われる。 納税滞納により2度目の破産の危機に陥った直後の対談となっている。 著者の副島は税金官僚に問題を感じているようで,税金官僚が悪だという結論ありきで対談が進められていた。税金官僚の操作の手口などが説明されていた。 ただ,内容としては税金官僚に対する愚痴が多く,あまり前向きなものではなかった。加えて,一般人が参考になるところもなく,あくまで過去に話題になった人のインタビューが貴重なだけの本だと思った。 ## 引用 > ### p. 93: 1億円を超えて出てきた国税局 > 与沢 「セールスエンジン」というカード決済代行会社だったのですが、うちの売り上げ3千万円弱を持って社長が逃げてしまった。それで2月末までに支払うのは無理ということが確定して、一気に戦意を喪失してしまいました。 与沢翼の税金滞納を確定させた持ち逃げカード会社の社名が明かされた。「告白」の本には社名は書かれていなかったので目新しかった。 ## 結論 与沢翼の納税滞納による2度目の危機の直後に出版された本だった。 「告白」で語られた税務調査の詳細な内容が書かれていたように思うが,著者の結論ありきの対談だったため,あまり有意義内容にはなっていなかった。 調査資料としてだけ若干の価値がある本で,興味本位で読む程度のものだと感じた。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

さんの書評2020/09/04

お父さん、清掃員のみなさん、ありがとう。

まず自分の親に感謝したくなった。 みんな頑張ってる、けど、辛いことが起きてしまう。でも、どんな選択してもいいことと悪いことは両方ある。という言葉が印象的でした。 ゴミ分別について知らないことも多かったです。ゴミ清掃員の方に申し訳ないです。ちゃんと確認して毎回捨てるようにしなければと思います。 そして、ゴミ清掃員の方、いつもありがとうございます。ゴミが出したらなくなっている。それは先進国だからとか、魔法なんかじゃない。持っていってくれている人がいるからなんだ。という当たり前のようなことを、深々と、再認識できました。 これを読んだあとは、ゴミ清掃員さんがうっとりしてくれるようなゴミ出しを目指す!と意気込んでいます。 ゴミを出す際にゴミ清掃員の方に気を使う。それは滝沢さんが家族のために身を粉にして働いている、奥様も家族のために家事育児、パートを頑張っいるように、お互いが支え合って補い合って日々を頑張ったら、幸せがいつか回ってくる。もっと日々に思いやりを持って生きたいと思いました。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

さんの書評2020/09/03

自分の好きなこと・得意なことの追求が愛されフリーランス?

# 書評☆3: 愛されフリーランスのすすめ | 自分の好きなこと・得意なことの追求が愛されフリーランス? ## 概要 - 書名: 愛されフリーランスのすすめ - 副題: 楽しく働いて仕事が途切れない私になる4つのルール - 著者: 仙道 達也 - ISBN: 9784344928565 - 出版: 2020-07-22 - 読了: 2020-08-31 Mon - 評価: ☆3 - URL: book.senooken.jp/post/2020/09/03/ ## 評価 以前書評にした「[世界一わかりやすい「差別化ブログ」起業術](https://book.senooken.jp/post/2020/07/23/)」の著者の新著ということで興味を持って読んだ。 内容は自分が得意なこと好きなことに特化したビジネスを行うというものだった。比較的最近読んだ以下の2冊の本を足して3で割ったような本に思った。 - [神速スモール起業](https://book.senooken.jp/post/2020/07/07/) - [お金と自由をもたらす最速の稼ぎ方](https://book.senooken.jp/post/2020/05/03/) 書名に「愛されフリーランス」とあったので,人に気に入られるような泥臭いことが書かれているのかと期待していたのだが,その要素は一切なく,期待はずれだった。 書かれている内容が既に他の本で知っていることが多かった。ページ数は170ページ程度量は多くなく,すぐに読み終わった。 薄くて軽い内容に思ってしまった。 ## 引用 > ### p. 41-43: 性格分析で適性を調べてみる 「一般社団法人ウェルスダイナミクス」の無料のプロファイルテストによる性格診断について書かれていた。 性格診断は受けたところで,方向性があっているかどうかくらいしか参考にならない。後付でうまくいかない理由の説明には便利かもしれない。 > ### p. 129: 与える人はいずれ評価される ここでは「GIVE&TAKE」という本について紹介されていた。この本は,以前書評にした「[コミュ障でも5分で増やせる超人脈術](https://book.senooken.jp/post/2020/08/13/)」でも紹介されていた。 他の本でも紹介されているということで,この本がより気になった。優先的に読みたいと思った。 ## 結論 以前読んだ本の著者の新刊であり,ヤフーニュースでも紹介されていたということで期待していた。 ただ,文量が少なく既に他の本で読んで書かれていたような内容が多く,具体的な部分も少なく物足りなかった。 悪くはないが,本書を読むくらいならば,最初に引用した2冊を読んだほうが有益だと思った。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

さんの書評2020/08/30

汎用的な成功体験をまとめた与沢流自己啓発書

# 書評☆3: 秒速で10億円稼ぐありえない成功のカラクリ | 与沢流自己啓発書 ## 概要 - 書名: 秒速で10億円稼ぐありえない成功のカラクリ - 副題: - 著者: 与沢 翼 - ISBN: 9784797372922 - 出版: 2013-09-26 - 読了: 2020-08-29 Sat - 評価: ☆3 - URL: book.senooken.jp/post/2020/09/01/ ## 評価 与沢翼の調査中に読んだ1冊だ。時系列からして,「[秒速で1億円稼ぐ条件](https://book.senooken.jp/post/2020/08/18/)」に続く3冊目の著書となる。 書籍の内容は,アパレル会社倒産後,インターネットビジネスで復活を遂げた与沢翼の成功論が書かれていた。一言でいうと自己啓発書だった。 マインドセット,願望実現,お金儲け,成功戦略,勉強法,人を動かすといった内容をこれまでの経験をベースに説明している。 彼の具体的な成功方法については,前著の「秒速で1億円稼ぐ条件」にしっかり書かれているので,こちらにはそこを除いた一般論が書かれていた。 前著などを読んでいると,内容としてだいぶ重なる部分が多く感じた。そのため,そこまで目新しいところはなかった。 ただ,与沢翼の一般的な考え方が整理されているので,具体的な手法ではなく汎用的なものがまとめられているのはよかった。 ## 引用 > ### p. 61: 3 刺激を受けたら即行動する > 祖父が「お前は、もともとそんな人間じゃない。頭だっていいんだから弁護士を目指したらいい」と差し入れてくれた、元極道の女から弁護士になった太平光代さんの著書『だから、あなたも生き抜いて』(講談社) を呼んで、人生で初めて泣いたのだ。 ここでは与沢翼の感性について書かれていた。学生時代の転記となった書籍が紹介されていた。「スーパーフリーエージェントスタイル」でも紹介されていたような気がしたが,そちらでは書名のメモを忘れたのでこちらでメモした。 > ### p. 116-121: 24 戦略は3ステップでつくる > 成功者は成功をもたらす高度をきちんとやっている。そして、その行動が何によって成り立っているかといえば、正しい戦略によってである。 > > だが、ここで忘れてはならないのは、どのような戦略も必ず目的があるということ。つまり、目的の数だけ、それぞれの戦略が必要になるということだ。 ここでは成功のための戦略について書かれていた。目標に対して,その目標を実現するための方法を洗い出し,効果の大きなものに並び替えて順番に取り掛かる。そして,項目もさらに分解してステップ化してTODOにする。 そして,そもそも案がでない場合は経験者に聞く,本を読みイメージを立てるなどを行う。 実際には,目標に対してなんとなく目の前の行動を起こすだけで,方法を洗い出して重要度の高い順に取り掛かるということができていない。言うは易し,行うは難しの典型例なのだが,なかなか… > ### p. 173-177: 40 二流、三流からは絶対に教わるな > ただし、アプローチにおいて気をつけなければならないこともある。 > > 一見、ある特定の組織やグループ内で評価されていても、実は二流や三流レベルの人というのがいる。そうした人にアプローチして何かを教わるというのは、やめた方がいい。 > > 私も昔、一度だけ、そうした失敗をした。情報業界について、ほとんど何も知らなかったときに、ある情報系起業で信頼と実績があるという先生にコンサルティングを受けるつもりで50万円を支払ったのだ。 > > しかし、先生は一向に何も教えてくれない。それどころか私を避けている様子だった。あるとき、その先生の会社に出向くと「なんだ、こいつら?」と思うような、若者がゴロゴロしていた。 > > -- そういうことか。その先生とやらは、何も知らないやつを集めて"お山の大将"がやりたかっただけだったのだと悟った。 > > そして、私は「50万円を払って何も学べなかったということを学んだ」のである。 > > そこで気付かせてもらったことで、それからは本当に一流とされる人、いろいろな業界で結果を出し続けている人からしか学ばないということを徹底した。 与沢翼の教えに,その道の一流の人物から学ぶというものがあるのだが,この考えに至ったエピソードがここで初めて語られていた。 > ### p. 190-193: 44 成功者は『ドラゴンボール』から何を学ぶのか > アパレル会社が行き詰まっていたときに『フリーエージェント社会の到来 --- 「雇われない生き方」は何を変えるか』(ダイヤモンド社) というダニエル・ピンクの本を偶然手にして「フリーエージェント?」という言葉が、説明できない感覚で飛び込んできた。 「スーパーフリーエージェントスタイル」でも引用されていた書籍がここでも紹介されていた。 ## 結論 与沢翼のこれまでの成功体験から一般的で汎用的なものがまとめられた本だった。 彼の具体的なビジネスの手法や,生い立ちなどを知りたい場合には,前著や最初の「スーパーフリーエージェントスタイル」が参考になる。 彼の本をいろいろ読み漁っている自分からすると,やや物足りなかったものの,彼の成功哲学などについて学びたい場合に参考になると感じた。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

さんの書評2020/08/29

ミライの授業 (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2016/7/1

ミライの授業 (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2016/7/1 瀧本 哲史 (著) エンジェル投資家として有名な著者が示した”14歳に向けたミライの授業” その意義は冒頭のこの言葉に集約されている。 ミライを予測する最善の方法は、それを発明することだ。 アラン・ケイ そして、以下の法則に従った歴史上の人物の事実を突きつけてミライの授業を行う。 法則1 世界を変える旅は「?」からはじまる 法則2 冒険には「?」が必要だ 法則3 一行の「?」が世界を変える 法則4 すべての冒険には「?」がいる 法則5 ミライは「?」の向こうにある 14歳を対象とした内容であり、平易な言葉を使って普通の義務教育を受けてきたものにとっては初見の人物もおり、既知の人物であってもその背景や、重要な仲間については知らないことが多く、面白い授業を受けた感じがする。 ここまで著者の本を3冊読んだが、彼の考えは本当に未来志向である。 未来を憂うのではなく、未来を創るために今何が出来るのか?自分の仲間を増やし、世界がより豊かになるためにはどうすれば良いのか?それぞれの本に隠喩されている。 本は読者によって評価されるが、読ませる内容も重要だが読ませてどのように行動してもらうのか? 著者は突き詰めている。 文学賞を取るのではなく、未来を取るための行動である。 そのために自分が持っている知識や考えの背景を、読者にわかりやすく伝えるために既存の本や人物を示し、注目すべき箇所を例示し、未来を切り開こうとしているのが感じられる。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!