内田裕介

内田裕介

ビール好きのおやじです

さんの書評2018/02/17

なるほど、これが反知性(主義)か、と思った

ある種の絶望感を含んでいるタイトルに興味があって手に取った。
しかし、昨今TVや新聞を賑わす「冷たい」出来事は縷々つづられているが、「正体」についての考察はほぼ、ない。
たとえば、イスラム国の取材中に拘束されて殺害されたジャーナリストについて、世論が冷たい反応をした件。
日本の世論が「そんなところに行く奴が悪い」という冷たい反応だった、と指摘はしているが、なぜ、日本人がそういう反応になってしまったのかは論証がない。
(ちなみに、そういう冷たい反応だけではなかった、とぼくは記憶している)
ほかにも、なんの証明もなしに東條英機は自決しなかったので卑怯者だといい、大正時代がいちばんよかったという。
東條英機なんて、自ら恨みを持っているはずもなく、会って話をしたこともない歴史上の人間のことを、どういう料簡で非難する(批判ではない)必要があるのか、その意味がわからない。
あなたにはなんの関係もないだろう、と思う。
利害関係がなくてもどうしても批判したいモチベーションがあるなら、徹底的に調べつくして、瞼の裏に本人をすえて非難すべきではないか。
著者が東條非難の唯一の根拠とした「生きて虜囚の辱めを・・・」のくだりは、言葉の裏に別の意味、解釈がある。知らぬはずはなかろうが・・・
また、大正時代が素晴らしい、というのも、別に「好き」はかまわないが、平成の最後の今よりも「良い」というなら根拠がいるだろう。しかしなんの論拠も提示されない。
大和和紀の「ハイカラさんが通る」のファンタジックなイメージが現実だったならいいんだが、大正、昭和はまだ東北地方は冷害による飢饉で苦しんでいた。
婦女子の身売りも茶飯事だったとの記録が多数ある。
そしてそれが二・二六事件から太平洋戦争までシームレスにつながっていった。そのことを知らぬはずもないかろう。
仮説の裏付けをしない単なる印象論という意味では、著者が批判するTVのコメンテーターとなんら変わらないと思う。
ちゃんと裏をとらず、第一印象の好き嫌いをそのまま善悪の価値判断に転換する。
最近はやりの「反知性主義」というタームを(懐疑的に)調べているが、なるほど、これが反知性(主義)か、と思った。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

さんの書評2018/02/16

人体のいろいろな場所で起きる痛みの原因を快刀乱麻ですっきりと説明

背骨コンディショニングについてまとめてあたったなかの一冊。
具体的に紹介されている方法は4つの体操(ストレッチと筋トレ)で、方法自体はシンプル。
表紙に、ぎっくり腰、坐骨神経痛、膝痛、すべり症、脊柱管狭窄症などたくさんの具体的な病名が記されているが、個別の対処方法はない。
著者独自の「神経牽引説」をもちいて、これらの病気の原因が「背骨のズレ」に起因することを説明していて、ここが本書のハイライトだ。
神経牽引説は、神経が圧迫されるからではなく、ズレて引っ張られるから痛むのだ、というシンプルな原理。
おおくの病気は骨や筋肉、関節自体の不具合ではなく、そこにつながっている神経が引っ張られるために起きている「神経痛」だ、というのである。
人体のいろいろな場所で起きる痛みの原因が快刀乱麻を断つがごとくすっきりと説明されていて、こういう「目からウロコ!」感はほんとうは注意しないといけないのだが・・・
ぎっくり腰はなぜ、くしゃみや咳みたいな小さなきっかけでいきなりくるのか。四十肩、五十肩はなぜ40代から50代で発症し自然に治るのか。
こうした素朴な疑問にも明快な答えが用意されていて、たいへんに説得力があり、魅力的な説だ。
あとは、これでほんとうに治るのか、治らない人はどのくらいいるのか、事故はないのかあたりが気になるところだ。
もう少し調べてみたい。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

さんの書評2018/02/14

「あることは間違いないが、効果は弱く、しかもいつも得られるわけではない」が結論

サブリミナル効果を謳っているヒーリング音源について調べていて手に取った。
1999年時点でのサブリミナル効果についての社会学的、心理学的研究の状況をまとめ、解説を加えた論文集である。
結論としては、視覚系のサブリミナルについては効果は「あることは間違いないが、効果は弱く、しかもいつも得られるわけではない」というもの。
音声サブリミナルについては、過去のいろんな騒動(ビートルズやレッドツェッペリンの楽曲にサブリミナルメッセージが入っていたなど)についての記述があってそこは参考になったが、音声サブリミナルがメッセージとしてちゃんと伝わるのか実験したという論文はひとつもなかった。
音声サブリミナルは、聴こえないほど高い音、低い音、小さな音、逆回転などでメッセージを埋め込むという手法だが、レコードや磁気テープなどアナログ音源ならともかく、普通のデジタルCDには可聴域外の音はそもそもカットされて入らない。(しかもそれを再生できるヘッドホンやスピーカーもおいそれとは売っていない)
逆回転にいたっては、言語ですらない。
なので実験結果があるならそれを知りたかったのだが、残念ながら、サブリミナル効果を謳っているヒーリング系の音源については特段の根拠は得られなかった。
本書から20年近く経過して脳科学が格段の進歩を遂げているので、そちらの観点からの知見にもあたってみたい。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

さんの書評2018/02/13

BS-POPという自己チェックが実践的で役に立つ

慢性の腰痛は腰の機能障害ではなく、脳のDLPFC(背外前頭前野)の機能低下が原因である、という説をもう少し詳しく知りたくて手に取った。
福島県立医科大学が取り組んでいる腰痛の認知行動療法を紹介したもので、BS-POPという自己チェックが実践的で役に立つ。
脳内の痛みを抑える機能には、脳内モルヒネ、下行性疼痛抑制系、ドーパミンシステムがある。
これらの機能が正常に働いていれば、痛みの原因(怪我だとか病気だとか)がなくなれば痛みも消える。
しかし、ストレスや不安、うつがあると、これらの機能がうまく作動しなくなり、痛みの原因がなくなっても、痛みの感覚だけが残る。
これが、脳の機能障害による慢性痛のしくみ、だそうだ。
お目当てのDLPFCの説明はなく、生理学的なメカニズムについてはなんとなくイメージが把握できる程度で、やや不満が残る。
とはいえ、治療成果もあげているようだし、NHKスペシャルでは、慢性腰痛の60%はこの認知行動療法で劇的に改善するとの報告だったので、慢性腰痛に苦しんでいる人は自己チェックをしてみて、脳の機能障害が疑われるようなら福島県立医科大学を受診してみる価値はあるように思った。
生理学的メカニズムについては、さらに他をあたってみたい。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

さんの書評2018/02/12

ひょっとすると「反知性」は人間の根本的にダメなところに根差しているのかもしれない

反知性主義、ってなんのことだろう?と何冊か手に取ったなかの一冊。
内田樹氏が音頭をとって、10名ほどの論客(=知性主義者?)が「反知性主義」について寄稿した論文集だ。
この言葉の意味はもちろん、この言葉で批判する対象も人それぞれなので、わりとターゲットはふわっとしている。
そのせいか、反知性と反知性主義はたぶん違っているのだが、それがあまり区別されていないように思う
主義というからには自覚的であることが必要で、たとえば演説においてあえて理でなく情に訴えて大衆を操作しようとする政治家は「反知性主義者」と言えるが、反知性という属性を(たぶん無意識のうちに)持っているのは操作される大衆の方だ。
とすれば「反知性」を批判されるべきは大衆の方だと思うが、全体にそういう文脈ではない。
また、ひとを知性から遠ざけるのは情動だけではない。むしろ、より強く知性と反発するのは利(=欲に目がくらむ)であろうと思うが、その点についての指摘はなかった。
知性=価値あるもの、という立場からの論説なので、知性的でないもの=感情的な態度、功利的な態度への批判はどうしても上から目線になる。
寄稿者のひとり、高橋源一郎氏もそこを指摘していたが、ぼくもその点がいちばんしっくりこなかった。
そういえば、仏教で三毒といわれている「貪瞋痴」に、欲(=貪)、怒り(=瞋)とならんで「痴」が入っていることを思い出した。
反知性というのは、いうほど簡単なものではなく、何千年も前から人間の根本的にダメなところに直結している、ということなのかもしれない。
内田樹氏は、「知性というものは、個人においてではなく、集団として発動するものだ」と書いている。(p22)
ひょっとすると、「知性」には記述できるような具体的な中身はなくて、痴に陥らないよう自己(あるいは社会)を律しようとする態度こそを「知性」というのかもしれない。
うすぼんやりとだが、そこに思いが至ったのが本書を読んだ収穫だった。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

さんの書評2018/02/11

コラーゲンがエンドサイトーシスで消化されずに取り込まれる可能性があるとは驚いた

コラーゲンやグルコサミン、コンドロイチンなど分子の大きなサプリは胃や腸で分解されてから体内に吸収されるので摂取しても意味はない、という話を信じていたが、本書を読んでびっくり。
・グルコサミンは単糖類なのでそのまま吸収される(p42)、
・Ⅱ型コラーゲンは構造が熱で変性していないもの(=非変性)に限り、そのままの形で取り込む(p107)
とある。
Ⅱ型コラーゲンはパイエル板が抗原として認識し、エンドサイトーシスでリンパ節内に取り込む。
取り込まれた非変性Ⅱ型コラーゲンが免疫応答を抑える制御系T細胞を誘引し、結果、膝軟骨のコラーゲン分解を止める、ということらしい。
年をとって軟骨がすり減り痛みがでるのだから軟骨の主成分Ⅱ型コラーゲンを摂取して増やそう、ということだと思っていた。
が、そうではなく、Ⅱ型コラーゲンの経口摂取が腸管免疫に働いて過剰な免疫反応を抑えるという説である。
まだ人体で証明されたわけではないらしいが、関節リュウマチにも効くということなら、おおいに信ぴょう性はある。
ポイントは「非変性」というところだ。
Ⅱ型コラーゲンは鶏の胸部軟骨(=いわゆるヤゲン)に多く含まれるらしいが、たいていはよく焼いていて生で食べたことはない。
生でも食べられるものか、ちょっと調べてみたい。
ともあれ、コラーゲンがエンドサイトーシスで消化されずに取り込まれる可能性があることを知って、たいへん勉強になった。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

さんの書評2018/02/04

戸籍や法律から性別を削除しても、別に困らないような気がしてきました

タイトルを見て、???と思って読んでみました。
著者はLGBTについての発言でネットでは著名人とのこと。本書はブログに加筆編集したものだそうです。
タイトルの「ハッピーエンド」というのは恋愛における結婚のことで、「殺されない」というのは結婚という価値観あるいは社会のルールに縛られて自分らしさを失わない、という意味です。
著者はLGBTを公言していてそもそも結婚というのが大きなハードルになっているうえに、さらに最近、離婚したとかで、ずいぶん叩かれたそうです。
ぼくはLGBTの人の生きにくさというのはわかりません。
が、LGBTに限らず、社会の王道、常識、ルールからはずれると、大なり小なり未舗装のけもの道を歩かないといけなくなる。
それが自分で選択したものならともかく、LGBTの場合は生まれてきた時からけもの道を歩かざるを得ない。
その疎外感というか無価値感というか、自尊心が育つ環境にいない感覚は、経験したひとでないとわからないんだと思います。
最初これを読んだ時、自分のことばかりでこの社会を維持することへの責任をどう果たしていくつもりなのだろう、と思いました。
たとえば、年金は世代間互助のしくみですが、同性婚ばかりになると子供が生まれないので、この社会制度への責任は果たせなくなる。
村人100人全員が同性婚なら、年を取った時に誰も支え手はいないわけで、それならそれでいいんですが、実際にはそうはならない。
他人が生んだ子供たちの世話になるわけです。
が、読み進んでいくうちに、LGBTの人たちはそれ以前に社会にちゃんと混ぜてもらっていないところが問題なんだとわかりました。
同性婚をすると子供が減って年金が破たんするとしたら、それは同性婚を選択した人たちのせいじゃなくて、社会設計のせいですね。
しかし、これはほんとうに難しい。
性別は男と女だけはないという前提で、いちから社会制度を設計しなおさないといけない。
「ホンマでっか!?TV」の池田先生が言ってましたが、男と女は生物学的にもシームレスだそうです。
そういうことなら、あらゆる法律から性別を削除するのがいちばんいいんでしょう。戸籍やなんやかやも含めて。
うーん、それでも別に困りはしないような気がしてきました。それに気づいたのが本書を読んだいちばんの収穫でした。
法律の書き換え作業でお役所は大変でしょうけど・・・。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

さんの書評2018/02/02

痛みの原因は神経が圧迫されることではなく牽引されることである、という説が興味深い

健康雑誌で背骨コンディショニングを知って、数冊あたっている。
本書はとくに首に焦点をあてたメソッドの紹介である。
頸椎のズレやねじれによる神経の牽引(圧迫ではない)が痛みの原因である、というのが背骨コンディショニングの理論的柱のひとつ。
この説に従えば、これまで疑問に思っていたたくさんのこと、たとえば痛いほうに曲げるとどうして痛いのか(筋や腱は緩んでいるはずなのに・・・)とか、数々の素朴な疑問が、まるで霧が吹きはらわれるようにクリアになるのがたいへん興味深い。
ただ、第1、第2頸椎のズレ、ねじれについては矯正のためのストレッチと筋トレが紹介されているが、第3~6、第7頸椎についてはそのための方法がとくに提示されていない。
第3~第6頸椎についてはズレ、ねじれのチェック方法すらも省かれている。(別の本には書いてあるのに)
一般向けの書籍では体系的な議論は必要ないのかもしれないが、やや不完全燃焼感は残った。
ちゃんとやるには背骨コンディショニングの体操教室に通って指導を受けたほうがいいが、自力でやるなら2,3冊あたってみてからのほうがいいと思う。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

さんの書評2018/01/27

やり方はシンプルでわかりやすいのはいいんですが・・・根拠がよくわかりませんでした

HSPについて少し調べていて手に取りました。
著者は30年このかたHSP70を研究してきたという第一人者とのこと。
オリンピック選手にも加温療法を施して、成果を上げているそうです。
HSPは、ストレスを受けたときに生体が作り出すタンパク質。
熱だけではなく、どんなストレスでも生成されるそうですが、高温時がいちばん生成量が多いのでヒート(熱)ショック(衝撃)プロテイン(タンパク質)といわれるそうです。8つほど種類があって、著者が研究しているのはHSP70という分子量7万のもの。ほかにも皮膚のコラーゲン生成を助けるHSP47なんかもあるそうです。
さて、著者が提唱する加温健康法とはなにか。
それは「週2回、42度の風呂に10分間つかる」という、とてもシンプルなものでした。
風呂の温度は給湯器に表示されている温度よりずっと低くて、湯温42度を実際に作ってみるとかなり熱め。
これならたしかに結構なストレスになりそうです。
ただ、HSPがどのような機序で作られるのか、作られたHSPが具体的にどのように働くのかについてはほぼ説明なし。
ストレス状況下にあるということは、交感神経が活性されて血圧が上がったり、糖質コルチコイドが放出されて免疫系が抑制されたりしているはず。
高ストレス状況では様々なストレス障害(胃潰瘍やリンパ球減少、副腎肥大などなど)が起きるので、緊張しすぎた交感神経を緩めて副交感神経優位にもっていこうというのが一般的な健康法ですが、本書はその逆をいくわけです。
ストレス学説でいう「疲弊期」に入っているひと向けのある種のショック療法、ということなのかもしれませんが、それなら普通に健康な人はやらないほうがいいのでは?と思ってしまいます。
やっぱり抗ストレス物質の働きについての話なので、ストレス学説との絡みは言及しておいてほしかったです。
医学的、生理学的な根拠についてはさらに当たってみたいと思います。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

さんの書評2018/01/23

日本のメディカルのことなどはひとことも書かれていません

フランス系のメディカルアロマセラピーについて知りたくて手に取りました。
著者はもと地理の先生で、いまは自前の工場で精油を作ったり、メディカルアロマの研究している人だそうです。
医療系の臨床家ではなさそうで、自身の臨床事例はなし。
精油の効能についてはバルネの本から引いているくらいで、フランスの薬局方に入っている精油の情報などもなく、なんだかなぁという感じです。
「日本のメディカルアロマセラピーはこの一冊ですべてわかる」と表紙にも書いてありますが、これはまったくの???。
日本のことなどはひとことも書かれていません。
本書が出た2004年当時はいざ知らず、いまや日本のメディカルアロマセラピーは世界でいちばん進んでいる、ということです(塩田,ISBN-10: 4140883855)ので、あたらしい情報はそっちにあたってみたいと思います。
それにしてもアロマの人は書名に「バイブル」ってつけるのが好きですねぇ。

この書評がいいと思ったら、押そう! » いいね!

さんのコメント2018/02/06

抗老食、とあるが食事療法ではない。著者らが開発・販売に関わってるサプリメント(トリプトファン)の宣伝、である。
商品名は書いてないがネットで引くと「才媛美人」という商品らしい。
薬でもないのに「効くぞ、効くぞ」としっかり効能を謳っているから、薬機法に引っかかるのを恐れたということだろう。
商売としてはともかく、書籍としては実にあざといと言わざるを得ない。
そもそも、うつの原因がセロトニン不足というのも、モノアミン仮説といって、まだ証明されたわけではなかったはず。
それどころか、最初の言い出しっぺが、まちがっていたかも・・・といまや否定側に回っているという。
SSRIやSNRIなどに比べれば害は少ないのだろうが・・・
このサプリが効く効かないは横に置いといても、この本の作り方はちょっと許せない感じ。
「才媛美人」のファンの人以外には読む価値はない、と思う。

さんのコメント2018/02/03

1996年と少し古い本だが、脊柱や椎間板の物理的な強度など、参考になる情報が多い。
腰痛はヒポクラテスが記録しているくらい大昔から人類とともにある病気だが、その原因は長らく不明だった。
エックス線撮影装置が発明されて脊柱の状態が目で確認できるようになり、椎間板ヘルニアが腰痛の原因ではないかといわれたのが1932年。
その後、1977年に神経根を圧迫しただけでは痛みは起らないことが発見され、椎間板ヘルニアだけが腰痛の原因ではなく、その周辺に炎症があるときに痛みを感じることがわかったそうだ。
腰痛といえば椎間板ヘルニア、となんとなく思い込んでいたが、すでに20年以上前にそうではないことが指摘されていたことに驚いた。
最近では、脳(DLPFC)の機能低下が原因の腰痛があることもわかってきて、慢性痛についての知見はゆっくりだが、確実に進んできているように感じた。

さんのコメント2018/01/25

カルペパーの事績を調べていて手に取りました。
カルペパーその人の伝記、というよりも、彼が生きた激動の時代(=ピューリタン革命)のイギリスを描いたいわば大河ドラマです。
カルペパーは「赤ひげ先生」のごとき在野の療法家、その対極にあったのが国王の侍医を務めた大家ウィリアム・ハーヴィー。
政治、宗教における絶対的権威が破壊され、民主的で開かれた時代へと移り変わろうとしていたとき、医学もその例外ではなかった。
カルペパーはラテン語で書かれた薬局方を庶民が読める英語に翻訳したことで、当時の医学の権威たちから強烈な攻撃を受け、36才の若さで死んでからも誹謗中傷は止まらなかった。それでも彼が残した著書「English Physician」は今でも読み継がれているそうです。(先年、鏡リュウジ氏の翻訳がでましたね。)
映画にでもしてほしいような、とてもスケールの大きな物語に満足しました。

さんのコメント2018/01/19

なんとかの「正体」というとなんだか糾弾口調だが、内容は社会正義を叫ぶようなものではなく、いたってライト。
よさこいソーラン祭りとか、初詣とか、恵方巻とか、身近な事物のルーツを探ってみようという趣向である。
話題の「国技たる相撲」も実は明治くらいからの話で、神代の昔からというわけでもなさそうだ。
伝統には「長年続いてきた」というだけで一定の重みや価値がある。
が、自らの利益や目的遂行のためにありもしない「伝統」を声高に叫ぶ人はいつの世にもいるわけで、そんなフェイクな「伝統」に無批判にのっかって思考停止してしまうのはまずい。
今年は憲法改正論議もありそうだし、大事なことを判断するときは伝統的価値はいったん脇にどけて、ちゃんと今の世に生きる自分の頭で考えないといけないな、と思った次第である。

さんのコメント2018/01/19

数学の記号を事典ふうに項目を立てて並べ、その記号があらわす数学的な意味を解説するという、なかなか面白い趣向。
√(ルート)の項では、昔習った2のルートが無理数になる証明があって懐かしかったです。
最初から読んでいっても読み物として面白いのですが、やっぱり三角関数や虚数になってくるとこの紙幅では一から説明するのはつらいようです。
ある程度理解しているひと向け、ですね。

さんのコメント2018/01/18

前半は脊柱にそった膀胱経のツボの位置、後半は鍼灸の施療における禁忌と、その他の医療行為に関わる吉凶がまとめられている。
本書の面白いのは単なる漢文の和訳ではなく、そこに何が書かれているのかを調べていちいち解説を加えている点だ。
現代の鍼灸でもこれはやってはいけないとか、このツボは現代鍼灸にはない、などなどいろいろなトピックが随所にちりばめられているので、読んでいて面白い。
後半の方には今では迷信のようなこと、たとえば「元旦を挟む6日間に鍼灸とセックスをしてはいけない、すると死ぬ。p161」とかもあって、医療がこういうわけのわからない物語に取り囲まれていた時代にを少し想像できて、勉強になった。
足の裏のツボっていつからあるのかが知りたかったのだが、本巻にはなかったので、巻2Aを当たってみる。

さんのコメント2018/01/15

著者は、40年がかりで医心方全33巻を現代語に訳し、自腹を切ったりしながら執念で現代によみがえらせた古文書のエキスパート。
本書はその各巻の序文を集めた、いわば医心方全巻の解題集です。
医心方そのものは古い上に難しくてそのまま読んでもわからないことが多い。
そのうえ全33巻の分量は膨大で、全容を知るのはたいへん難儀です。
そこで本書のような解題集がありがたい。
全容をお手軽に知ることができるとともに、興味をもった巻を読んでみるためのインデックスとしても使えます。
これはとっても具合がいいです。
鍼灸の孔穴については、鍼灸編以外にもいろいろな巻に分散して書かれているそうで知りませんでした。
以前、鍼灸編を探したときに見当たらなかった孔穴が別の巻にあるようなので、もういちど探してみたいと思います。

さんのコメント2018/01/14

6段階の標準練習をメインにした解説ですが、たとえば通勤電車の中など、日常生活で訓練を続けられるように具体的なアドバイスが加えられているのがいいと思います。
一日の練習時間は一回3~4分を一日2~3回。毎日10分の練習を2~3カ月続ければ、自律訓練法をマスターできるとのこと。
自律訓練法はたとえばあがり症の人が落ち着いて本来のパフォーマンスが発揮できるように心身をリラックスさせる方法ですが、これは交感神経の過緊張を緩めて心身をリラックスさせるストレスコントロールと同じ。マスターすれば日常のストレスを上手に逃がすこともできるようになると思います。
また「特殊練習」という、自分だけの目標を作って自己暗示を掛け、パフォーマンスを上げていく方法も紹介されています。
自律訓練法が目標の貫徹のための自己コントロールにも役立つことは知らなかったので、たいへん参考になりました。
試してみたいと思います。

さんのコメント2018/01/03

ニコラス・カルペパー(1616-1654)は17世紀中期のイギリスの医学・薬草学者、占星術師。
ハーブやアロマの教科書には必ずその名が出てくるが、そのわりに情報がほとんどなく、まさに「伝説」と化していた。
本書で初めてカルペパーの著作に触れることができて感激している。
内容的には薬草の図鑑だが聞き覚えのない植物も多く、また人体を占星術に基づいて捉えているので、実用にするのは難しい。
しかし、17世紀当時薬草がどのような使われ方をしていたのかはなんとかわかる。
ハーフ&アロマの歴史、という観点では巻頭の鏡リュウジ氏の解説がたいへん参考になった。
鏡氏が紹介してくれた「占星医術とハーブ学の世界」も合わせて読んでおきたい。